Top > 基礎知識 > 老化とは

老化とは

老化とは体が「酸化」、「乾燥化」していくと言ってよいでしょう。

「酸化」とは暴飲暴食、タバコ、紫外線、ストレス、その他環境の影響による活性酸素が体内で細胞を酸化させることです。

細胞が酸化することで体の各臓器や器官の機能が低下したり病気を引き起こすのです。

「乾燥化」とは体のあらゆる部分で水分を保持するコラーゲンやヒアルロン酸が減少することで水分量が減少していくことです。

これらは体の老化ですが、「心の老化」もあります。

心の老化とは気力の低下、精神的に新しいことに挑戦するチャレンジ精神が弱くなったり、過去を振り返ることが多くなったりする傾向になります。

こうした事を考えれば、簡単に言えばアンチエイジングとは体の酸化と乾燥化、心の老化を防ぐか出来るだけ遅らせる事と言えますね。

食べすぎ、飲みすぎに注意し、禁煙、紫外線に出来るだけあたらない、ストレスを上手にコントロールすること。

そして、新しいことにも興味を持ち、自分のペースでもかまわないので出来ることからチャレンジしてみる、芸術や旅行、趣味、何でもいいのですが、自分の興味関心を常に刺激しつつ、好奇心旺盛でいることが大切です。

基礎知識

関連エントリー
アンチエイジングのための意識改革人間の寿命は何歳なのか?老化とはアンチエイジングって?