Top > 基礎知識 > アンチエイジングのための意識改革

アンチエイジングのための意識改革

アンチエイジングを考えるに歳して、常に意識したいことが年齢のせいだからとあきらめないということです。


もちろん無理して20代の頃と同じ事をしろという事ではありませんが、
口にしてはいけない言葉の一つに「もう歳だから・・・」というフレーズです。

こんな言葉を日ごろ何気なく話している人は結構多いでしょうが、言葉を繰り返すことによって無意識的にそのようになってしまうものです。

「年だから」というのは要するにあきらめの言葉と言っていいでしょう。

プロスキーヤーの三浦雄一郎さんは60歳のときに体力の衰えを感じて引退しようと思ったそうです。

しかし90歳近い年齢の父親の三浦敬三さんがヨーロッパアルプスのモンブランをスキーで滑る事を夢見てトレーニングを始めたことに刺激され、もう一度からだを鍛えなおし、2003年に当時世界最高齢でのエベレスト登頂に成功しました。

2008年にも75歳という年齢で2度目のエベレスト登頂に成功しています。


2013年の3度目の挑戦に向けて現在もトレーニングに余念がないということです。

基礎知識

関連エントリー
アンチエイジングのための意識改革人間の寿命は何歳なのか?老化とはアンチエイジングって?