Top > 生活習慣 > 歯周病予防の基礎

歯周病予防の基礎

歯周病とは歯ぐきや葉を支えている骨(歯槽骨)などの歯を支えている組織(歯周組織)に起こる病気を言います。


歯ぐきに炎症が起きた状態を歯肉炎、歯肉炎が原因となり歯槽骨など歯を支えている組織全体崩れてしまう病気を歯周炎といいます。

歯肉炎になると歯ぐきが次第に下がってきて、歯を支える部分がなくなるため、歯がぐらついてきて最終的に歯がぬけてしまいます。

歯と歯ぐきの境目の部分は1mmほどわずかに溝がありますが、歯ぐきが炎症を起こすと、歯ぐきは腫れた状態になり、溝が深くなってきます。

歯周ポケットとも呼びますが、ここに食べ物のかすなどに細菌が繁殖した歯垢がたまりやすくなり、これを放置していると唾液と反応して、歯石となり歯ブラシでは取れなくなってしまいます。

この歯石が歯ぐきを刺激することで歯肉炎となりやがては歯槽膿漏へと進行するわけです。

歯周病の原因はこの歯垢をしっかりと取り除かずに放置してしまうからなのです。

歯周病予防を意識したなたまめ歯磨きを使って毎日しっかりと正しい歯ブラシをすることが歯周病予防には効果的です。

生活習慣

関連エントリー
サウナを利用する際のポイント歯周病予防の基礎禁煙は基本中の基本